プリザーブドフラワーとは
摘み取ったばかりの新鮮な生花を特殊な方法で加工(染色)し
長期保存を可能にしたお花のことです。


○おすすめポイント○

・生花の柔らかな質感は残しつつ、豊富なカラーバリエーションを楽しむことができます。
・水やりや水換えは必要がなく、手軽な管理で長い期間楽しめます。
・水分は不要のため、水が傷みやすい暑い夏でも衛生面の心配がありません。
・加工過程で香りや花粉が落ちるため、それらが苦手な方でも安心です。
・お手入れの負担が無く気軽に楽しめるので、贈り物としても喜ばれます。

=ウェディングやフォーマルなシーンでも大活躍=
・髪飾りやアクセサリーなどは、事前にご準備いただくとヘアメイクのリハーサル時にも使用できます。
・お気に入りのアイテムを、前撮り・挙式当日・二次会と複数回使用することができます。
・手軽なお手入れで長くご愛用いただけるので、大切なご両親さまへの贈呈花にも最適です。
 中でもボックス型の作品はお花が環境変化の影響を受けにくいため、美しい状態が驚くほど長持ちします。


○気をつけること&お手入れ方法○

ー高温多湿・直射日光が苦手ですー
・花びらが割れる・透ける・色あせるなど、劣化の原因になります。
・乾燥による花びらの割れ・日焼けによる色あせは元に戻せませんので特にご注意ください。
・濃い色合いのお花は家具やお召し物への色移りにご注意ください。

ー梅雨時・花びらが湿気を含んだ時ー
・湿気を含んで花びらが透き通ってきたら、箱の中に乾燥剤と一緒にいれてしばらく休ませてください。
 乾燥剤はお菓子などに入っているものでOKです。
 徐々に水分が抜けて、元の状態に近づけることができます。

ーアクセサリーや髪飾りについてー
・水分が苦手なので、雨天時は屋内でご使用ください。
・ご使用時以外は、日光が当たらない場所(お届け時の箱がおすすめ)で保管してください。
・稀に、花を食害する虫がつくことがあります。
 ご使用までに長期間保管される際は、時々風通しをして状態を確認してください。


プリザーブドフラワーは、高温多湿や直射日光、急激な環境の変化が苦手です。
湿度の低いヨーロッパでは5年〜10年持つこともあるそうですが、四季のある日本では保存環境が鑑賞期間に大きく影響します。
管理のポイントを記載したメンテナンスカードを全ての作品におつけしておりますので、ぜひ参考になさっていただき、一日でも長く楽しんでいただけましたら幸いです。


FlowerFactoryLazo
店主 仁田原はるな